2020年 10月 22日 (木)

蒼井そら「中国版ツイッター」が人気 中国語で語りかけファンの心つかむ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タレントでAV女優の蒼井そらさんの「中国版ツイッター」が大人気だ。中国のミニブログサービス「新浪微博」で、フォロワー数は2か月足らずで82万人に達している

   蒼井さんといえば、「本家」のツイッターでも中国からのフォロワーが爆発的に増えて話題となった。なぜ中国でここまで人気を集めているのか。

開設24時間以内のフォロワー数新記録

蒼井さんの「新浪微博」画面
蒼井さんの「新浪微博」画面

   「新浪微博」は、中国のポータルサイト「新浪網」が運営するミニブログサービス。蒼井さんは2010年11月11日にアカウントを開設した。新浪網によれば、開設24時間以内のフォロワー数で同サイトの新記録を打ち立てたという。蒼井さんが中国語で書いた最初の挨拶には「そらちゃん愛してる~」「好きだー」など4万件以上のコメントが寄せられ、中国のファンの多さを見せつけた。

   中国では、ツイッターなど海外SNSへのアクセスが規制されている。だが蒼井さんがツイッターを開始して間もない2010年4月、中国からのフォロワーが続出。蒼井さんのIDを知った大勢のファンが、「裏技」を使って規制の網をくぐり抜けてきたほどの人気なのだ。

   蒼井さんに中国のネットユーザーが殺到した理由のひとつは、「名前がよく知られている」点にあるようだ。蒼井さんは2002年にAVデビュー。日本では現在、バラエティー番組やドラマ出演などタレント活動も多く、セクシータレント界の「大御所」的な存在となっている。出演した作品の数も多い。中国のネット事情に詳しいノンフィクションライターの安田峰俊氏によると、ファイル交換ソフトなどを使ってタレントの出演作を検索し、ダウンロードして閲覧することの多いといわれる中国の事情を考えると、顔よりも名が通っていることが大事だというのだ。

   だがファンの心をつかんだ一番の要因は、蒼井さんが「中国語」で語りかけ、双方向のコミュニケーションに積極的な姿勢を見せたことではないかと安田氏は考える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中