ウォークマン年末商戦でiPodに快勝 「英語の勉強用に」と親がプレゼント

印刷

   ソニーの携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」の人気が高まっている。2010年12月は、メーカー別販売台数シェアで米アップルの「iPod」を抜いた。同年8月に続いて、アップルの首位を阻止した。

   iPodの新製品を9月に投入したアップルだが、その効果があったのも短期間。年末年始の週にはソニーのシェアが6割に迫る勢いで、差を広げている。

小学校での外国語必修化が「後押し」

機種別でも首位に立ったウォークマン
機種別でも首位に立ったウォークマン

   調査会社BCNは2011年1月6日、10年12月の携帯オーディオプレーヤーのメーカー別国内販売台数シェアについて、ソニーが52.1%で首位に立ったことを発表した。ライバルのアップルは42.9%で、9.2%もの差をつけた。

   この製品分野でのシェアは2002年以降、iPodを擁するアップルの独壇場だった。だが2010年に入ると、ソニーの販売台数はほぼ右肩上がりで、8月にアップルを逆転したのだ。ただし、9月にアップルがiPodの新モデル発売を予定していたことから「買い控え」が起こったことが原因との指摘もあり、実際に9~11月はアップルが首位に返り咲いた。

   だが12月の「再逆転」には、特別な事情は見当たらない。BCNによると、ソニーは前年同月比でも142.7%と大幅増。機種別でもウォークマンの主力「Sシリーズ」の中でスピーカー付のモデル「NW-S754K」が、販売台数シェアで12.6%とトップだった。

   年末商戦で、携帯音楽プレーヤー全体の売れ行きが好調だったのは事実だ。薄型テレビのようにエコポイント制度の改定の影響を受けることもなく、手ごろな価格の製品なのも幸いした。その中でウォークマンが特に好調だったのは、子ども向けのクリスマスプレゼントとして購入した親が多かった点にあるようだ。

   前出の「Sシリーズ」には、語学学習機能が付いている。例えば英語の音声教材を機器に取り込んで、聞き取れない発音をスローで再生したり、繰り返したりする機能だ。ソニー広報センターに聞くと、年末商戦では、ウォークマンが子どもにとって語学を学習するのに適している機器だと親たちにアピールできたのではないかと話す。2011年度から、小学校5、6年生で外国語が必修になることも、「少しでも早く子どもに勉強を始めさせよう」と考える親を刺激したかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中