2018年 7月 20日 (金)

タイガー今度はストーカー疑惑 元妻の家に侵入、日記読みふけった?

印刷

   不倫スキャンダルの末、スウェーデン人のエリン・ノルデグレンさんと離婚したプロゴルファーのタイガー・ウッズ。今度はエリンさんにストーカー行為をはたらいているとの疑惑が報じられた。

公式サイトにもツイッターにも「反論」は出ていない模様
公式サイトにもツイッターにも「反論」は出ていない模様

   ウッズがエリンさんと正式に離婚してから約5か月。報道によると、元妻の家に「侵入」したうえ、彼女の日記を読みふけるといった行為に及んだというのだ。

   ウッズのストーカー疑惑を伝えたのは、米大衆紙「ナショナル・エンクワイアラー」。それによるとエリンさんは友人に、ウッズが2010年の感謝祭に、フロリダにあるエリンさんの家に入り込んだことを明かしたという。ウッズはエリンさんの日記を見つけ、彼女の恋愛に関する記述を探していたとも話したようだ。

   エリンさんは、「彼が私の家に入り込む権利なんてないわ」と怒り心頭。ウッズが忍び込めたのは、家の使用人に「子どもが家に忘れ物をして、代わりに取りに来た」という言い訳を使ったため、とエリンさんは説明したとした。

「タイガー、君は頭がおかしいのか」と批判コメント

   米フォックスニュースもこのニュースを、ナショナル・エンクワイアラーを引用した形で伝えた。それによるとウッズはエリンさんと離婚を避けたかったようで、いまだに彼女に未練があるという。一方のエリンさんは「まるで彼にストーキングされているみたい。もう夫婦関係は終わっているのだから、受け入れられるわけがない」と話しているようだ。フォックスニュースのサイトには、「タイガー、君は頭がおかしいのか」「エリンさんをそっとしておいてやれよ」などと、ウッズに批判的なコメントが寄せられた。

   ウッズは、09年に発覚した自身の不倫行為がもとで10年8月23日、公式サイトでエリンさんとの離婚を発表。2人の子どもの親権は共同で持つことも明らかにした。本業のゴルフも一時は無期限欠場としていたが、10年4月のマスターズで復帰して、ようやくほとぼりも冷めてきたと思われたがまたも騒動に巻き込まれた。

   この疑惑が真実なのかはまだはっきりしないが、今のところウッズ側からの「ストーカー疑惑」に対する公式な反論は出ていない模様だ。ウッズのツイッターを見ると、感謝祭休暇の10年11月27日に、

「皆さんが素敵な感謝祭を過ごせますように。僕はアップルパイとかぼちゃパイを食べたおかげで、今朝からハードな有酸素トレーニングに励んでいてようやく終わったところ」

と呟いていたが、感謝祭をどう過ごしたかを綴った投稿は、ほかに見当たらなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中