JAL、羽田便6路線を増便 11年度の路線計画発表

印刷

   会社更生手続中の日本航空(JAL)は2011年1月20日、11年度の路線便数計画を発表した。国際線では、需要が見込める成田-モスクワ路線を週2便から3便に増強し、搭乗率が好調な羽田-ホノルル路線の機材をボーイング767-300型機からボーイング777-200型機に大型化する。

   国内線では、福岡-奄美大島、福岡-屋久島の2路線を新設したほか、羽田の発着枠拡大にあわせ、羽田発着の6路線を増便する。一方、九州新幹線全線開通の影響を受ける福岡-鹿児島路線など3路線は減便する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中