2020年 8月 16日 (日)

KARAの分裂騒ぎあっても K-POPブームまだ続く

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   少女時代とともにK-POPブームを引っ張ってきた韓国のガールズグループKARAが大変な事態になっている。メンバー5人のうち3 人が「人格を冒涜された」として所属事務所に専属契約の解除を通知。グループが分裂状態になっている。

   KARAは2007年に韓国でデビューし、10年8月にはシングル「ミスター」で日本進出。少女時代とともに日本でのK-POPブームの牽引役だ。

「望まない活動を強要された」

   2011年1月からはテレビ東京で「URAKARA」というドラマ番組がスタート。KARAの5人が「惚れさせ屋」を目指して様々な恋愛ミッションに挑戦するというストーリーで、深夜帯にも関わらず初回視聴率は4.2%と好調だ。

   しかし、2011年1月19日、リーダーのギュリさん(22)を除くスンヨンさん(22)、ハラさん(20)、ニコルさん(19)、ジヨンさん(17)の4人が所属事務所DSPメディアに対し、専属契約の解除を申し出た。その後、同日夕方になったハラさんが契約解除を撤回したという。

   契約解除の理由について、スンヨンさんらの代理人は「DSP社は地位を悪用してメンバーが望まない活動を強要してきた。人格を冒涜し、内容説明もなく契約を結ぶなどメンバーの苦痛は大きい」と説明。現在5人中3人が事務所と対立しているという構図だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中