「旭日旗映像は別試合のもの」 テレ朝が謝罪

印刷

   サッカー日韓代表選の韓国選手による「サルまね」問題で、その発端と指摘された観客席の旭日旗映像を巡り、テレビ朝日が日韓戦のものだと紹介したのは全く別の試合の観客席映像だった。テレ朝は2011年1月28日、情報番組「ワイド!スクランブル」で「お詫びして訂正します」と司会者が報告した。

   問題の映像は前日の同番組で放送された。韓国のテレビ局が紹介した観客席映像を写真パネルにして、「旭日旗」部分に丸印をつけて「この部分です」などと紹介していた。しかし、実際には、10年6月のサッカーW杯南アフリカ大会の日本対オランダ戦の映像だったと説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中