2018年 7月 19日 (木)

「旭日旗映像は別試合のもの」 テレ朝が謝罪

印刷

   サッカー日韓代表選の韓国選手による「サルまね」問題で、その発端と指摘された観客席の旭日旗映像を巡り、テレビ朝日が日韓戦のものだと紹介したのは全く別の試合の観客席映像だった。テレ朝は2011年1月28日、情報番組「ワイド!スクランブル」で「お詫びして訂正します」と司会者が報告した。

   問題の映像は前日の同番組で放送された。韓国のテレビ局が紹介した観客席映像を写真パネルにして、「旭日旗」部分に丸印をつけて「この部分です」などと紹介していた。しかし、実際には、10年6月のサッカーW杯南アフリカ大会の日本対オランダ戦の映像だったと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中