2018年 7月 19日 (木)

ゴルフの次は「チュチェ思想」 学習ツアーで北朝鮮が外貨稼ぎ

印刷

   外国人を集めたゴルフツアーが話題を呼んだ北朝鮮だが、今度は「主体(チュチェ)思想学習ツアー」なるものがお目見えした。チュチェ思想は、北朝鮮を代表するイデオロギーで、宗教で言うところの「教義」のようなもの。専門家からは驚きの声があがっている。

   チュチェ思想は、金日成主席が創始し、金正日総書記が発展させたとされており、政治、経済、軍の自主独立などをうたっている。韓国に亡命の末に2010年10月に死去したファン・ジャンヨプ元朝鮮労働党書記がゴーストライターだったとされている。

2週間コースで26万円

ツアーを募集している旅行社のウェブサイト。すでに2人が申し込んだという
ツアーを募集している旅行社のウェブサイト。すでに2人が申し込んだという

   今回の旅行を企画したのは、中国の格安旅行会社「ヤング・パイオニア・ツアーズ」社。同社のウェブサイトによると、10年には6回のツアーを実施し、それ以外にも100人以上の個人旅行者を北朝鮮に送った実績があるという。

   ツアーは、チュチェ思想または朝鮮語を学ぶ1週間の日程と、その両方を学ぶ2週間の日程の、合計3つから選ぶことができ、いずれも2月28日に列車で北京を出発。丸1日かけて平壌に到着した後は、チュチェ思想や朝鮮語の授業が行われる。

   もっとも、「チュチェ思想塔」、金日成主席の遺体が安置されている「錦繍山(クムスサン)記念宮殿」、板門店といった北朝鮮を代表する観光スポットを回るのにも、多く時間が割かれている。さらに、平壌でナンバーワンだというナイトクラブ「ディプロ」訪問も日程に組み込まれている。

   宿泊するホテルは、「3級」(最上級は「特級」)で、全体的に格安志向がうかがえ、価格も1週間コースで1295ユーロ(14万6000円)、2週間コースで2310ユーロ(26万円)と、北朝鮮ツアーとしては割安だ。

ツアーは北朝鮮側の発案

   米政府系の「自由アジア放送」(RFA)によると、ツアーは北朝鮮側の発案だといい、すでにニュージーランド国籍とスイス国籍の男性2人が申し込んだという。

   ただし、北朝鮮の専門家は、総じて冷ややかな見方をしているようで、RFAは

「真面目にチュチェ思想を学ぶというよりは、珍しい国を見るための機会としてツアーに参加しているのでは」
「世界で最も孤立した国に対する興味を刺激して、金儲けをしようとしている」
「チュチェ思想は、長旅をしてまで学問的・思想的に学ぶ価値はない。チュチェ思想が何たるかは、現地の惨状を見れば分かる」

と、厳しい声を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中