2019年 4月 22日 (月)

60~64歳「働くシニア」増える

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「働くシニア」の比率が高まっている。総務省の「労働力調査」によると、60~64歳の就業率は10年前に比べて男性で5.5ポイント、女性で6.4ポイント上昇した。

   年齢別就業率で、60~64歳の男性は2000年が65.1%だったのに対して、10年は70.6%となった。女性も37.8%から44.2%に高まった。

   公的年金の支給開始年齢が段階的に65歳に引き上げられたため、年金受給までの期間を働く傾向にある。

   2010年の60~64歳の平均就業率は57%。政府はこれを2020年までに、63%に引き上げることをめざしている。一方で、若者の就職難が指摘されるなか、シニア世代が若者の就職の機会を奪っているとの見方もある。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中