2018年 5月 24日 (木)

党首討論で「フルぼっこにしてくれ」 自民・大島副総裁ツイッター乗っ取られる

印刷

   たびたび「なりすまし」が問題化する著名人のツイッターアカウントだが、アカウントの持ち主が意図しないツイートが発信されるという「怪現象」が起こっている。

   乗っ取りに見える現象に見舞われたのは、自民党の大島理森副総裁のアカウント(@tadamori_oshima)だ。2010年4月に開設。夏の参院選挙に向けて街頭演説の予定などが書き込まれていたが、7月中旬を最後に、書き込みが途絶えていた。

首相と辻元清美衆院議員の会談内容を揶揄

党首討論について「フルぼっこにしてくれ」とツイートする大島氏のアカウント。すでにツイートは削除されている
党首討論について「フルぼっこにしてくれ」とツイートする大島氏のアカウント。すでにツイートは削除されている

   ツイートが復活したのが半年以上経った11年2月4日午前9時過ぎ。

「2月6日、朝6時~TBS「時事放談」に出演します。お相手は渡部恒三議員です」

と、テレビ番組出演予定を知らせるものだった。だが、その50分後に異変は起こった。

   9時51分に、読売新聞の「首相は革命家ではなく実務家…菅氏が辻元氏に」という記事の見出しを引用しながら、

「なんじゃい、その例え」

と、菅首相と辻元清美衆院議員の会談内容を揶揄。直後の9時52分にも、「菅政権で初の党首討論、9日に」との記事に、

「フルぼっこにしてくれ」

とコメント。なお、「フルボッコ」とは、「全力で叩きのめす」という意味のネットスラングだ。自民党の副総裁が、このようなスラングを使うことは、通常ならば、ちょっと考えにくい。

「私のつぶやきではないので、削除させました」

   本人も異常に気付いたようで、10時5分には

「秘書から連絡あり。ついったーおかしくなってます。なにかされたのだろうか。調べてもらってます」
「私のつぶやきではないので、削除させました」

とツイート。前出の書き込みは、すでに削除されている。

   大島事務所では、

「事情が分かる者がいない」

などと話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中