スマートフォンで先物取引 松井証券

印刷

   松井証券は、スマートフォンを使って先物取引ができるサービスを2011年2月中旬にも開始する。大阪証券取引所が2月14日から、新しい先物取引システム「J-GATE」を稼働させることに対応、専用のアプリケーションを開発した。

   iPhone向けにはこれまで現物株式の取引や先物取引の価格情報を提供してきた。個人投資家から「いつから(先物)取引できるのか、問い合わせが増えていた」ことから、大証の新システムの稼働にあわせてスタートする。

   個人投資家の間でも先物取引は増えている。大証は7月をメドに、先物の夜間取引時間を23時30分から、翌日3時まで延長する方針で、引き続き先物取引の利用が増えるとみている。

   スマートフォンで先物取引ができるサービスは、インターネット証券大手では初めてという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中