「方便とは真理に導くための手段」 鳩山前首相が釈明

印刷

   民主党の鳩山由紀夫前首相は、北海道伊達市内で2011年2月20日に開かれた後援会の会合で、米軍普天間飛行場の県外移設断念で米軍抑止力を挙げたのは「方便」だとした自らの発言について弁明した。その中で、「方便とは真理に導くための手段のことだ」と発言の真意を述べた。

   それによると、真理とは、辺野古移設であり、そこに導くための手段として「抑止力」という言葉を使ったという。そのうえで、「私の考え方は正しいと思っている」と強弁した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中