2018年 7月 21日 (土)

東北新幹線「はやぶさ」デビュー 新青森まで最速3時間10分

印刷

   東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が2011年3月5日、営業運転を始めた。山陽新幹線のN700系と並ぶ国内最速の最高時速300キロで走行し、新青森-東京を最短3時間10分で結ぶ。12年度末には320キロまで速度が引き上げられ、所要時間は5分短縮される見通し。ファーストクラスにあたる「グランクラス」を新たに導入したのも特徴だ。

   東京駅や新青森駅では式典が行われ、多くの鉄道ファンが詰めかけた。東京駅では、写真撮影をしていた男性がプラットホームから転落し、一番列車の出発が定刻より7分遅れるトラブルもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中