2018年 7月 18日 (水)

液晶テレビ「LEDバックライト」主流に

印刷

   液晶テレビのバックライトについて、従来の蛍光管(CFL)からLED(発光ダイオード)のタイプに主流が移ってきたことが、調査会社BCNが2011年3月9日に発表した調査結果で明らかになった。

   2011年2月の液晶テレビ全体のバックライトタイプ別販売台数は、LEDタイプが51.4%となり、CFLタイプの48.6%を初めて上回った。40型では、2010年5月の段階でLEDの割合がCFLを抜き、現在では70%台で推移している。その後、20型台など小型サイズでLEDタイプのテレビの価格が下落し、CFLモデルよりも安価で購入できるものが出てきたこともあって、売り上げが伸びた模様だ。

   BCNでは、年内にも大多数がLEDタイプの製品で占められるようになると見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中