福島第一原発 4号機で煙を確認

印刷

   東京電力は2011年3月16日朝、福島第一原発4号機で5時45分ごろ、建屋の北西部付近から炎が上がっていることを従業員が発見したと、記者会見で発表した。その後の公表では、30分後には煙が見えなくなったが、鎮火したかどうかはわからない、としている。4号機では、15日朝にもほぼ同じ場所(建屋4階)で火災があった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中