2018年 7月 20日 (金)

陸自ヘリの水投下見送り 上空も高放射線

印刷

   東京電力福島第1原発の3号機へ上空から水を投下しようと、陸上自衛隊のヘリコプター数機が2011年3月16日夕、仙台市の駐屯地から飛び立ったが、周辺地区上空の放射線量が規定の上限値を大きく超えていたため、同日の作業を見送った。

   ヘリがつり下げた山火事消火用装置を用いて作業を行う予定だった。水投下の目的については、「3号機内の冷却水用」、「消火活動」などとみられている。3号機では3月14日、水素爆発が起き原子炉格納容器などを覆う建屋上部が吹き飛んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中