福島第1原発に下から放水 自衛隊の特殊消防車

印刷

   東北関東大震災で事故が起きている東京電力福島第1原発で、自衛隊の特殊消防車などが2011年3月17日夜、冷却用水の注水作業を始めた。対象は、使用済核燃料の貯蔵プールへの冷却用水供給などに異常が出ている3号機。周囲は放射線量が高く危険な作業となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中