「枝野長官、寝てますでしょうか」

印刷
「日に日にやつれている」との指摘も多い枝野幸男官房長官
「日に日にやつれている」との指摘も多い枝野幸男官房長官

   「そろそろ寝るべきだ」などとネット上でも指摘されている枝野幸男官房長官が2011年3月18日夕方の記者会見で、その疑問に答えた。

   フリージャーナリストの上杉隆氏が、福島第1原子力発電所から退避すべき距離の妥当性について質問する中で、「枝野長官、寝てますでしょうか」と聞いたもの。

   枝野氏は、

「現地では、厳しい状態で寒さに耐えて、眠れない方も少なからずいらっしゃる光景。あるいは、救援・救難活動に現場で努力していただいている自衛隊・警察・消防の皆さんをはじめ、医療関係(の皆さん)、本当に不眠不休でやっていただいている。それだけではなくて、例えば、様々な行政機関の皆様も不眠不休の努力を続けていただいている」

と、現地での業務にあたっている関係者の労をねぎらったが、自らの睡眠については

「私自身は、もちろん政治家の役割・責任は、まさに『判断をすること』だと思っているので、その判断に悪影響を与えることは、結果的に国民の皆さんにご迷惑をおかけすること。その判断に悪影響を与えない範囲で、最大限やらせていただいているつもりだ」

と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中