2018年 5月 24日 (木)

「津波は天罰」と受け取られる詩掲載 シー・シェパード代表に猛烈な批判

印刷

   反捕鯨活動団体「シー・シェパード」代表のポール・ワトソン船長がフェースブック上に掲載した詩が、猛烈な批判を浴びている。その内容が、「神の怒りを買ったために地震が起きた」とも受け止められる内容だったからだ。

   関東東北大震災ではシー・シェパードのメンバーも被災しており、日本人被災者に移動のための手配をしてもらうなど助けられているという経緯もあり、「ワトソン氏の発言は恩を仇で返す内容」だとして、火に油を注ぐ形になっている。

「海の神の怒りは深い海底を打ちつける」

ワトソン氏がフェースブックに掲載した詩。多くの批判が寄せられている
ワトソン氏がフェースブックに掲載した詩。多くの批判が寄せられている

   ワトソン氏がフェースブックを更新したのは、震災の発生からおよそ1日が経過した2011年3月12日午後(日本時間)。「Tsunami」と題して、以下のような文章を書き込んだ。

「ネプチューン(海の神)の声は雷鳴のように空にとどろき、
その怒りは深い海底を打ちつける
海岸からは人類の悲痛なさけびがこだまする
海は隆起し、海岸を素早く打ちつける

日出ずる東方から、海は怒りを大地にぶつける
備え、逃げる時間はほとんどない
この力には誰も太刀打ちできない」

   ワトソン氏の意図は不明だが、今回の地震が、神の怒りとリンクしていると読める文面だ。実際、ツイッターの利用者には「地震は天罰」だという意味で受け取った人も多く、

「この発言で、シー・シェパードを支持するのをやめた」
「本当に気分が悪い」

といった声が続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中