東京株式市場、400円超の急騰 9600円台に回復

印刷

   東京株式市場の日経平均株価は2011年3月22日に急騰し、終値で前日(18日)比401円57銭高の9608円32銭で引けた。一時、9625円03銭まで回復した。

   3連休中、米ニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が大きく上昇して、約10日ぶりに1万2000ドル台に回復。欧州株も上昇するなどの流れを受けて上昇した。

   東京電力の福島原発事故は、原子炉の冷却作業で進展が見えたことから、投資家の不安感が和らいだこともある。外国人投資家を中心に、トヨタやソニー、日立、東芝、コマツなどの主力株が軒並み買われた。東電はストップ高(前日比150円高)の1098円と、1000円台に回復した。

   東証株価指数(TOPIX)は、前日比37.74ポイント高の868.13だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中