秋葉原無差別殺傷の加藤智大被告に死刑判決

印刷

   2008年6月に、東京・秋葉腹の歩行者天国で7人が殺害され10人が負傷した無差別殺傷事件で、東京地裁(村山浩昭裁判長)は2011年3月24日、元派遣社員の加藤智大被告(28)に対し、求刑通り死刑判決を言い渡した。加藤被告の責任能力が主な争点だったが、判決では「精神障害を疑わせる事情はない」と、責任能力を認めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中