2019年 11月 23日 (土)

薬効ある人工皮膚、マラリアワクチン… 日本発の画期的な治療法・検査法が続々

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   大学で生まれたアイデアを国が支援し、新しい薬や医療機器を開発する戦略的なプロジェクトによる日本発の有望な治療法が生まれつつある。3月上旬、神戸市の先端医療振興財団で開かれた成果報告会で明らかになった。

   文部科学省の「橋渡し研究支援推進プログラム」としてこの日報告されたのは、6大学と同財団の計7拠点からの17課題。大学が厚生労働省の承認を受けて実施している先進医療は4件、確定ずみの医師主導臨床試験は5件、企業に渡された薬などは10件となった。

母体の微弱電気から「胎児心電図」

   木村芳孝・東北大学国際高等教育機構教授は、妊婦の皮膚表面の微弱な電気を測定するだけで「胎児心電図」を取り出すことに成功した。測定機を担当する企業が臨床試験を計画中という段階になっている。

   鈴木茂彦・京都大学形成外科教授らは、潰瘍治療薬の線維芽細胞増殖因子を潰瘍部に塗布後、人工皮膚を貼りつける併用治療法を開発した。人工皮膚には薬物保持機能があり、糖尿病などによる難治性皮膚潰瘍の治療効果が高いという。

   堀井俊宏・大阪大学微生物病研究所教授らは世界初のマラリアワクチンを開発中だ。マラリア原虫に対する抗体と効果増強物質で、原虫の増殖を妨げる。12年度の臨床試験開始を目標にしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中