低レベル汚染水を海に放出へ 東電が発表

印刷

   東京電力は2011年4月4日、福島第1原発の比較的低レベルの汚染水を海へ放出すると発表した。国が定める濃度の約100倍の汚染水を計1万1500トン放出する計画だ。高濃度汚染水の処理を優先した措置という。同原発の取水口付近の海からは、法定濃度の4000倍を超える汚染がみつかるなどしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中