2021年 6月 19日 (土)

「放射能が朝鮮半島に飛んでくる」 韓国はパニック、学校「一斉閉鎖」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   福島第1原子力発電所の事故で、放射性物質の大気中への放出に、周辺諸国では懸念が高まっている。特に隣の韓国では、異常なほど敏感に反応している。

   「放射能が来る」との根拠のないデマに踊らされた人が食料品の買い占めに走るケースや、雨の日は放射性物質が地上に落ちてくると恐れて、一部地域の小中学校が休校となるなど騒ぎが収まらない。

水源の川全体にカバーをかける案まで浮上

雨の日も放射線量は微量だった(写真はソウル中心部)
雨の日も放射線量は微量だった(写真はソウル中心部)

   「放射能の雨が降る」とインターネット上で騒動になったのは、韓国全土で雨となった2011年4月7日。福島第1原発から放出された放射性ヨウ素や放射性セシウムが風に乗って、遠く韓国まで飛んできたうえ雨に混じって降ってくると人々は考えたようだ。

   この日、ソウル近郊に位置する京畿道では126の小中学校、幼稚園が休校、休園に踏み切った。通常通り授業が行われたほかの都市でも、登校時に子どもたちがマスクをしたり、レインコートで全身を覆ったりしている様子が伝えられている。

   子どもだけでなく、サラリーマンも昼食時に外出を控え、ゴルフ場では、雨天でプレーしたくない客からのキャンセルが続出と、韓国中が相当ナーバスになっているようだ。浄水場には雨水の流入を防ぐためにビニールシートがかけられた。韓国メディアによるとソウル市当局では、市民の水源となっている大型河川、漢江の流域全体にカバーをかける案まで浮上しているという。

   実際は、放射線量は心配ないレベルのようだ。韓国の主要紙、中央日報は4月7日の14時、簡易の放射能測定器を使ってソウル中心部の放射線量を計測した。その値は1時間あたり0.24マイクロシーベルトで、年間に換算すると2.1ミリシーベルト。これは、韓国人の年間被ばく量よりも低い値だという。

   同日、韓国原子力安全技術院が、朝鮮半島の南側にある済州島で採取した雨水に含まれる放射性物質を分析したところ、ごく微量の放射性ヨウ素と放射性セシウムが検出された。それでも、その水を1年間毎日2リットル飲んだとしても、レントゲン撮影1回分にも満たない数値で健康に害はないとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中