前田元検事に懲役1年6か月の実刑判決

印刷

   大阪地検特捜部の証拠品改ざん事件で、大阪地検は2011年4月12日、元主任検事・前田恒彦被告に対し、懲役1年6か月(求刑・懲役2年)を言い渡した。

   前田被告は09年、無罪が確定した厚生労働省元局長の村木厚子さんの捜査を担当。証拠品だったフロッピーディスク(FD)の内容を書き換えたとして証拠隠滅罪に問われていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中