福島原発事故、最悪の「レベル7」 チェルノブイリの水準

印刷

   深刻な事態が続く福島第1原子力発電所の事故で、経済産業省の原子力安全・保安院と国の原子力安全委員会は2011年4月12日、「国際的な事故評価尺度」(INES)で、これまでのレベル5から「深刻な事故」を示すレベル7に2段階引き上げたことを発表した。

   レベル7は、1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故と並ぶものだが、福島第1原発から放出された放射性物質の量はチェルノブイリの1割程度と、保安院では説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中