ディズニーランド15日から 時間短縮して再開

印刷

   東京ディズニーランドは、2011年4月15日から再開される。東日本大震災で駐車場が液状化するなどの被害があり、3月12日から休園していた。

   オリエンタルランドが12日に行った発表によると、この時期は通常なら深夜22時まで開園するところを、夕方18時までに短縮。パーク内の照明を控える、エスカレーター、噴水の使用を抑制するといった節電対策を実施すると同時に、自家発電設備の導入も検討している。

   パーク内の施設の一部は、年間計画に基づいた定期点検作業や地震に伴う補修作業などで稼動しない。5月14日まで、入園料のうち1人につき300円が被災地復興の義援金として日本赤十字社に寄付される。

   なお、隣接する東京ディズニーシーは、すでに再開できる体制が整っていて、早期再開に向け準備中。シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京は23日から公演を再開予定、イクスピアリは3月28日から時間を短縮して営業している。ホテルについては、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテルが15日から、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは、東京ディズニーシーの再開を待って営業を再開する予定だ。

   同社はこれまで営業再開日に関する報道をその都度否定。11年4月9日には、新聞各紙が「15日営業再開へ」と報じていたのに対し、「現段階で決定している事実はない」などとコメントを出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中