15歳未満、初の脳死判定 臓器摘出終わる

印刷

   国内では初めて15歳未満の子どもで脳死判定された10代前半の少年の臓器摘出手術が2011年4月13日朝、終わった。心臓などの臓器は、移植手術を待つ患者のもとへそれぞれ運ばれた。10年に施行された改正臓器移植法に基づき15歳未満の子どもが脳死と判定されたのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中