JR東日本、震災で特損587億円

印刷

   JR東日本は2011年4月27日、11年3月期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比1.4%減の2兆5373億円で、最終利益は同36.6%減の762億円だった。

   同社は、震災の影響額を約1177億円と算定。東北新幹線の運休などで収入が約590億円減少したほか、復旧費用として約587億円の特別損失を計上した。在来線の復旧費用が確定できないことから、12年3月期の業績予想の公表は見送った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中