「亀屋万年堂」の引地会長、自殺か

印刷

   洋菓子の製造・販売「亀屋万年堂」の引地良一会長(68)が東京目黒区の自宅で死亡していたことが2011年5月2日までにわかった。自殺と見られる。同社ではソフトカステラの「ナボナ」、ロールカステラの「森の詩」などを販売している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中