2018年 7月 19日 (木)

ソニーの大量情報流出事件 極秘の暗号「ルートキー」が絡む?

印刷

   ソニーのゲーム機「PS3(プレイステーションスリー)」から顧客情報7700万人分が流出した事件で、ソニーは国際的ハッカー集団「アノニマス(Anonymous)」が関与していた可能性があると米下院エネルギー・商業委員会小委員会に2011年5月3日付けで報告した。

   しかし、「アノニマス」は5月5日、公式ホームページ上で「自分達を陥れる発表であり、自分達は今回の事件には関与していない。ソニーは無能だ」などと反論した。いったい誰が流出させたのだろうか。

「PS3」のOSを巡って対立が続いていた

   今回の顧客情報漏洩事件は「PS3」のネットワークサービスにアクセスした後に、管理サーバーに不正に侵入して起こったとされている。ゲーム配信サービス「PSN (プレイステーション・ネットワーク)」と、映画・音楽配信サービス「Qriocity(キュリオシティ)」に4月17日から19日の間に侵入された。また、オンラインゲーム事業の別会社「SOE(ソニー・オンラインエンタテインメント)にも、同16日から17日にかけ不正侵入が起こり、2460万人分の顧客情報が流出した。

   ソニーが犯人の可能性があると名指ししたのは国際的ハッカー集団「アノニマス」。PSNのログからそれらしき署名が見つかったのだという。ソニーとこの集団は対立関係にあった。2010年4月の「新型PS3」発売以降、「PS3」のOSインストール機能が削除されて「利用者の権利を狭めた」などとして、サーバー攻撃を加速させていた。ただし、今回の事件が明るみになって以降、「サーバー攻撃はしたが、一般利用者の不利益になることはしていない」と説明。5日には公式ホームページで改めて「関与はない」と否定した。

   今回の事件がなぜ起こったのか、今のところ明らかではないが、ネットで囁かれているのが、「Linux(リナックス)」などOSのインストールができなくなったことがきっかけだろう、というものだ。

   旧型は「Linux」がインストールできた。しかし旧型も10年4月以降は、「Linux」搭載だと、「PSN」などが利用できなくなった。

   これに不満を持ったハッカー達は、「PS3」のセキュリティーを解除する方法を突き止める。その結果、「PS3をなんでもありの状態にできる」極秘の暗号「ルートキー」が発見されてしまった、というのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中