浜岡原発停止要請、海外メディアも速報

印刷

   菅直人首相が2011年5月6日、浜岡原子力発電所(静岡県)の運転停止を中部電力に要請したことについて、海外メディアも速報で伝えた。

   米国のAP通信は、菅首相の「国民の安全を考えた末の判断」という言葉を引用。菅首相が、もし浜岡原発で事故が起きた場合、深刻な事態になると話したとし、福島第1原子力発電所では、現在も半径20キロ以内の住民8万人が避難生活を余儀なくされていると伝えた。英BBCも、東海大地震の起きる可能性が高まっているという専門家の言葉を引用した。

   ほかに、中国の新華社通信や、ロシアのタス通信なども速報で伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中