2019年 9月 23日 (月)

「グーグルの批判記事掲載してほしい」 依頼主はフェイスブックだった

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米大手のPR会社が、グーグルの批判記事を大手メディアに流そうとしたと、原稿の依頼を受けたブロガーが暴露した。

   グーグルのサービスの一部が、利用者のプライバシー侵害に当たるとの記事を書いてほしいとの内容だったが、PR会社に依頼したのはフェイスブックだったというのだ。

PR会社は「依頼主」明かさず

フェイスブックとグーグルが火花を散らす
フェイスブックとグーグルが火花を散らす

   米紙USAトゥデーは2011年5月11日付の記事で、大手PR会社のバーソン・マーステラ(BM)社が「ある顧客」からの要請で、同紙を含む複数のメディアに対してグーグルを批判する記事の執筆、掲載を依頼してきたことを明らかにした。

   批判の対象は、グーグルのメールサービスの登録者を対象に、直接の友人だけでなく「友だちの友だち」の個人情報までアクセスできるようなサービス。BM社では、経済専門テレビ局「CNBC」の元キャスター、ジム・ゴールドマン氏と、政治コラムニストのジョン・マーキュリオ氏の2人が、「グーグルが、ユーザーのSNS利用履歴情報を許可なく収集し、公開している」と指摘し、プライバシーを侵すものと非難した。その主張に基づいた記事の掲載を、ゴールドマン氏がUSAトゥデー紙に売り込んできたという。

   さらに同紙は、マーキュリオ氏が5月3日、有力ブロガーで情報セキュリティー研究者のクリストファー・ソグホイアン氏にメールを出し、グーグルの批判原稿を書いてくれればワシントンポスト紙やオンラインメディアのハフィントンポストなどに掲載を働きかけると提案したことを明かしたのだ。

   ソグホイアン氏自身、ツイッターで「PR会社から『ゴーストライター』として反グーグル記事を書いてほしいと頼まれた」と暴露。続けて「PR会社に『依頼主は誰ですか』と尋ねたけれど教えてくれなかった」と投稿した。そのうえで、マーキュリオ氏とのメールのやり取りを、インターネット上に公開してしまったのだ。これを読む限り、ソグホイアン氏の話どおりBM社からのメールには、グーグルがいかに利用者のプライバシーを侵害しているかが細かく説明されており、記事化の依頼や、「電話で意見を聞かせてほしい」旨が書かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中