2022年 12月 8日 (木)

TBSバラエティでヤラセ!? ロンブー淳「ガチです」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   カラオケ店の一般客と紹介された女性は、若手芸人なのではないか――。TBS系のバラエティ番組で、こんな指摘がネット上で出ている。関係者は、ヤラセはないと言っているが、果たして…。

「ひときわ目を引く、女の子2人組が!」

「カラオケ店女性客は若手芸人では」

ロンブー淳さんが反論
ロンブー淳さんが反論

   こんなナレーションが流れると、カラオケボックスのソファー上に仁王立ちした2人がアップになった。TBS系で2011年5月15日夜に放送された「クイズ・タレント名鑑」の1シーンだ。

   この番組では、カラオケ店の部屋にタレントたちを集め、タレントは別部屋の一般客が自分の曲を歌えば帰れるという設定になっていた。女性2人組のシーンは、スタートから8時間半が経ち、まだタレント6人が残っているときだった。

   2人組のうち、特に注目を集めたのは、メガネをかけた女性だ。

   相方の歌の振り付けで、両足をコミカルに動かしたり、ぐるぐる回ったり、いきなり歩き出したりした。また、歌に合わせて、「女子、女子、女子…」などと連呼。タレントたちにも、「何この子」「面白~い」と大ウケしていた。

   そして、倖田來未さんの曲がかかると、メガネの女性がいきなりソファー上で仰向けになって、両足を上げたのだ。スカート内映像は禁マーク加工されたが、足を開いたり、閉じたりしたため、男性タレントからは「ちょっと目覚めてきたよ!」との声が上がった。

   13時間が経つと、残ったタレント3人のうち鈴木早智子さんのWink時代の曲を2人組が歌い始め、早智子さんが2人の部屋に入る感激シーンで終わった。

   しかし、番組終了後に、メガネの女性は若手芸人ではないか、との疑惑が持ち上がった。2ちゃんねるでは16日、「ヤラセ疑惑」のスレッドが立ち、10年春ごろまで吉本芸人としてライブに出演していた女性コンビのうちの1人ではないかというのだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中