島根原発で津波対策 防波壁高さ15メートルに

印刷

   中国電力は2011年5月16日、島根原発(松江市)の津波対策として、海岸沿いにある防波壁の高さを海抜15メートルにすると発表した。2013年の完成を目指す。

   福島第1原発を襲った津波の高さが約15メートルだったことを受けての対策。これまでの防波壁は海抜9.4~11メートルだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中