八百長問題、新たな疑惑なし 調査委が最終報告

印刷

   大相撲の八百長問題の解明に当たっていた日本相撲協会の特別調査委員会は2011年5月18日、調査の最終報告書を放駒理事長(元大関魁傑)に提出した。

   これまで角界から追放された25人以外で、新たな八百長疑惑は見つからなかったとし、調査は終了となった。最終報告書には継続した再発防止策を求めることなどが盛り込まれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中