九電、6月から15%節電呼びかけ 火力発電燃料確保に不安

印刷

   九州電力は、2011年6月中旬から最大15%の節電を呼びかける。真部利応社長が5月18日の定例会見で明らかにした。

   定期検査で停止中の原発3基分を補おうと稼働させている火力発電について、その燃料が7月中旬から確保できない恐れがあるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中