2020年 10月 29日 (木)

岡本太郎にあやかった売名行為? 「明日の神話」に福島原発で両論

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   2011年は故・岡本太郎さんの生誕100周年。それに絡めて数々のイベントが開催される中、東京・渋谷にある彼の巨大壁「明日の神話」に福島第1原発を思わせる絵が付け加えられていた。

   東京のアーティスト集団「Chim↑Pom(チンポム)」の仕業だったと明らかになり、「天国にいる太郎も喜んでいるはず」「個展直前の売名行為だ」など賛否両論を生んでいる。

「太郎さんなら歓迎するかも」

   壁画「明日の神話」は、JR渋谷駅と京王線渋谷駅の連絡通路にある。第五福竜丸が被曝した瞬間をテーマにしたもので、その右下部分の空白に、複数の原子炉建屋から黒煙があがっている様子が「岡本太郎風」に描かれたベニヤ板が付け加えられていた。2011年5月1日に見つかった。

   その日のうちに撤去されたこの絵はツイッターで大きく話題となり、「おもしろいイタズラだ」「太郎さんなら歓迎するかも」などの支持の声と「作品への冒涜だ」と批判する声で意見が分かれていた。

   岡本太郎記念館の平野暁臣館長は朝日新聞に「繰り返されたら困るが、単なるいたずらではなく、芸術としてやろうとしたのではないか」とコメント。一方、NPO「明日の神話保全継承機構」の担当者は東京新聞に対し「とんでもないいたずらで迷惑している。多くの方が苦しんでいる中で(原発問題と)結びつけられるのは困る」と否定的だった。

   そして5月18日になって、チンポムが「自分たちがやった」と認める。絵のタイトルは「LEVEL7 feat.明日の神話」で、「被ばくを扱ったクロニクル(年代記)に原発事故を付け足した。アーティストとして何かしないといけないと考えた」といっている。

   チンポムは男女6人組で、渋谷で捕獲したねずみの剥製を黄色く塗って人気キャラクター「ピカチュウ」風に仕上げるなど、過激な創作活動で知られる。08年には広島市上空に飛行機雲で「ピカッ」という文字を描いて騒動となり、被爆者らから批判された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中