米人気歌手「夫が日本入国拒否された」 ツイッターで「暴露」

印刷

   コンサートのため来日した米人気歌手のケイティ・ペリーさんは、2011年5月22日にツイッターで、夫で俳優のラッセル・ブランドさんの日本入国が拒否されたことを明かした。ペリーさんは「夫が日本から強制退去になった。とても悲しい。私の大好きな場所を見せてあげたくて(日本に)一緒に来たのに」とつづった。理由は明らかにされていないが、一部報道はブランドさんの「10年前の前科」の影響を挙げている。

   ペリーさん自身はコンサートの日程を予定通り消化しており、その後のツイッターでは「私、日本人になったみたいよ。日本大好き」などと、日本滞在を堪能している様子をつづっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中