原発「反対」初めて賛成を上回る 朝日新聞調査

印刷

   朝日新聞は2011年5月、日米など7か国で原子力発電利用の是非などについての世論調査を実施、26付の紙面で紹介した。それによると、日本では事故後初めて原発利用への反対意見が賛成を上回る結果になった。

   調査は、日米のほか、ドイツ、フランス、ロシア、中国、韓国で行った。事故以前の日本では原発賛成が52%、反対が18%、原発事故後4月16~17日時点での調査でも、50%が賛成と答えていた。しかし今回の調査では事故対応への不信感もあってか、賛成34%に対し反対が42%と逆転した。

   また日本以外でも総じて反対派が増加し、ドイツ、中国、韓国では10ポイント以上の伸びとなった。ドイツ、ロシアでは反対が賛成を上回り、特にドイツでは81%が反対を唱えている。アメリカ、フランス、中国は賛成が多数で、韓国では両者ほぼ差がなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中