ユネスコ「世界記憶遺産」に「筑豊の炭坑画」

印刷

   国連教育科学文化機関(ユネスコ)は2011年5月25日、福岡・筑豊の炭坑労働の様子を描いた画家の山本作兵衛(1892~1984)の原画や日記などを「メモリー・オブ・ザ・ワールド」(MOW、世界記憶遺産)に登録する、と発表した。日本人の作品がMOWに選ばれるのは初めて。MOWには、これまで世界76か国の193点が登録されており、今回新たに45点が登録される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中