地震予知失敗で学者ら起訴 過失致死傷罪で

印刷

   2009年にイタリアで発生し、300人以上が死亡した大地震の予知に失敗したとして、政府の防災関連委員会のメンバーである学者ら7人がイタリア当局によって起訴された。2011年5月26日、英紙ガーディアン(電子版)などが報じた。大地震前に起きていた小規模地震に関して、同委員会が適切な警告を出さなかったとして、過失致死傷罪に問われている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中