2018年 7月 19日 (木)

海底から放射性物質検出 気仙沼から銚子の広い沖合で

印刷

   長期化する福島第1原子力発電所の事故の問題で、文部科学省は宮城県気仙沼市沖から千葉県銚子市沖にかけての海底の土に含まれる放射性物質の濃度を測定し、2011年5月27日に結果を公表した。

   5月9日~14日に12か所での土を採取して測定したところ、福島第1原発の沖合約30キロの地点で、1キロあたり320ベクレルのセシウム137が検出された。2009年に実施した検査では、ほぼ同じ地点で検出されたセシウム137は1ベクレル程度だった。

   残りの地点からも放射性物質が検出されており、広い海域に放射性物質が拡散していることが明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中