ドイツ「2022年までに脱原発」を閣議決定

印刷

   ドイツ政府は2011年6月6日(現地時間)、17基の原子力発電所すべてを22年までに順次、閉鎖する関連法案を閣議決定した。ドイツはかつて、「22年までの脱原発」を決めていたが、メルケル政権が10年秋、原発稼働の22年以降の延長を決定していた。福島第1原発事故を受け、再び舵を脱原発へ戻した形だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中