保安院を経産省から分離 IAEAへの報告書に明記

印刷

   東京電力福島第一原子力発電所の事故について、日本政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の概要が2011年6月7日、明らかになった。

   原子力安全規制の行政組織が各省庁にまたがり、安全確保のための責任が不明確だったことを認めた上で、原子力安全・保安院を経済産業省から分離独立させることなどを明記した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中