「定年65歳に延長」 厚労省研究会が報告書

印刷

   希望者は65歳まで雇用するよう企業に義務付ける――。厚労省の「今後の高年齢者雇用に関する研究会」(座長・清家篤慶応義塾塾長)が2011年6月7日に開かれ、こうした内容の報告書をまとめた。

   報告書では定年について、2025年度をめどに60歳から65歳に引き上げる方向としている。また、関連する法改正は、厚生年金の支給開始年齢が引き上げられる13年度までに行う考えも示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中