2019年 2月 20日 (水)

飲食店の生肉ほとんど「不適合」 ユッケ事件があぶり出した「不衛生」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、ユッケなどの生肉の提供をやめる飲食店が相次いでいる。

   「どこの肉なら食べられるのか」。消費者が疑心暗鬼になる中、各自治体が焼肉店などを対象に実施した立ち入り調査では、牛と馬の生肉を取り扱っている多くの施設が国の衛生基準に適合していないことが分かった。

東京では牛生肉99.5%が不適合

   東京都が2011年6月7日発表した調査結果によると、生食用食肉(牛肉・馬肉)を取り扱っている飲食店や卸業者のうち、衛生基準通に適合しないのは68.7%に上った。

   不適合の理由は、肉表面の細菌汚染を除去できるようなトリミング処理がされていない(51.4%)、器具の洗浄消毒を衛生基準で示された83度以上の温湯で行っていない(49.5%)など。

   生食用として販売された原料肉を加工している馬肉の場合、不適合は42.2%だったが、生食用がそもそも流通していない牛肉では、99.5%とほとんどが不適合だった。

   大阪府でもこの日、生食用食肉を提供していた314施設のうち、約7割の222施設が衛生基準を満たしていなかったと発表した。そのほか全国で大半の施設が基準を満たしていないことが分かっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中