「はやぶさ」ギネス認定 「小惑星から初めて物質持ち帰った」

印刷

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2011年6月13日、小惑星探査機「はやぶさ」が「世界で初めて小惑星から物質を持ち帰った探査機」としてギネス認定されたと発表した。はやぶさは、2003年に打ち上げられ、途中何度もトラブルに見舞われながらも2010年6月13日、小惑星イトカワから地球に帰還。オーストラリアの砂漠で回収されたカプセルの中からイトカワの微粒子が発見された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中