福島の学校プール利用を文科省容認 月2回の検査条件に

印刷

   福島県内の学校プールについて、文科省は2011年6月16日、月2回以上の検査を条件に利用を容認する考えを同県教委などに伝えた。

   容認の前提として、小学生がプールで受ける放射線量を現状で0.41マイクロシーベルト、15回利用で計6.1マイクロシーベルトになると推定している。ただ、飲料水の規制値の見直し作業が行われているため、その結果を待ってプールの水の規制値を決めたいとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中