2018年 7月 20日 (金)

年間20ミリ超のホットスポットを「特定避難勧奨地点」に

印刷

   政府の原子力災害対策本部は2011年6月16日、福島第1原発周辺の警戒区域や計画的避難区域の外で、局地的に年間累積放射線量が20ミリシーベルトを超える「ホットスポット」を「特定避難勧奨地点」に指定し、住民の避難の支援、促進を行うと発表した。

   これまで、福島県南相馬市の1地点と伊達市の3地点が年間20ミリシーベルトを超えると推定されており、詳細な調査をしたうえで、来週にも世帯単位で指定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中