2018年 7月 19日 (木)

電力会社社員を次々に惨殺 「不謹慎ゲーム」サイトが閉鎖 

印刷

   実際に起こった事件を題材にしてゲーム化する、いわゆる「不謹慎ゲーム」がたびたび問題化するなか、電力会社を取り上げたゲームが波紋を広げている。ひたすら社員とおぼしき人物を惨殺するという内容で、批判が出たためか、ゲームが掲載されていたサイトは、現時点では閉鎖されている。

   「不謹慎ゲーム」の代表格としては「地下鉄サリンゲーム」が知られているほか、最近では、ブッシュ前大統領に靴を投げつけるゲームが注目を浴びた。

冒頭に社員殺害を正当化するメッセージ

問題とされているゲーム。刃物を持ったプレーヤーが登場人物を切りつける
問題とされているゲーム。刃物を持ったプレーヤーが登場人物を切りつける

   今回問題となっているのは、「ファイナル・ブレイカー(FINAL BREAKER)」と題したゲームで、2011年6月14日頃に公開されたとみられる。「フラッシュ」と呼ばれるソフトウェアで作成し、ブラウザ上で遊ぶことができる。

   ゲーム冒頭には、

「―2039年、全国に拡散した放射能の影響で人口の3分の2が死滅した。生き残った人々も白血病と癌を発病しあと数年で滅びる運命にあった。彼らが生き延びる為には電力会社社員とその家族から移植用の臓器を摘出するしかない」

と、電力会社社員を殺害することを正当化するメッセージが表示される。

   ゲームの内容自体はきわめて単純で、刃物を持ったプレーヤーが、エレベーターホールや食堂、休憩室など社内のあらゆる場所で、登場する人物を「ネジ込み」「ブッ刺し」「9条ナイフ」といった方法で切りつけるというもの。人物を切りつけると血を流して倒れるが、プレーヤーが攻撃されることはない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中